魚沼の里とは四季の写真施設のご案内最新情報交通のご案内
3月 18

今日は彼岸の入りです。仏様参りやお墓参りに行かれる

方も多いかと思います。

魚沼の里も朝からお彼岸の品を買いにお客様がたくさん来ています。

そもそも、なぜ彼岸に仏様参りをするのか?

それは、春分と秋分は太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さが

ほぼ同じになる日ですが、お彼岸にお墓参りに行く風習は、この太陽に

関係しています。

仏教では生死の海を渡って到達する悟りの世界を彼岸と言い、その反対側

の私達が居る迷いや煩悩に満ちた世界を此岸(しがん)と呼ぶそうです。

そして、彼岸は西に、此岸は東にあるとされており、太陽が真東から昇って

真西に沈む秋分と春分は、彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考え、先祖を

供養するようになったと言われています。

彼岸とは何か?本来の意味を知ることで各家庭の作法を引継ぎお参りを

する事が大切なのではないでしょうか。

雪国ではまだまだお墓は雪の中。今日から親戚のお宅へ仏様参りといった日々が

続きますね。


preload preload preload
| ホーム | 魚沼の里とは | 四季の写真 | 施設のご案内 | 最新情報 | 交通のご案内 | 採用情報 |
Copyright 2013 Uonumanosato All rights reserved.