魚沼の里とは四季の写真施設のご案内最新情報交通のご案内
12月 22

今日は24節気の「冬至」です。

魚沼地方、朝は雪もたくさん降っていましたが、お昼頃穏やかになってまいりました。

北半球において太陽の位置が1年で最も低くなる日で、日照時間が最も短くなる日です。

冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が蘇ってくることから、

陰が極まり再び陽にかえるという意の「一陽来復」といって冬至を境に運が向いてくると

言われています。

「冬至」といえば、「南瓜(かぼちゃ)」と「柚子湯」というのが欠かせませんね。

まずは「南瓜(かぼちゃ)」

昔から、冬至に「ん」のつくものを食べると「運」が呼び込めると言われています。

にんじん、だいこん、れんこん、うどんなど「ん」のつくものを運盛りといって縁起を

かついでいたそうです。運盛りは縁起をかつぐだけでなく、栄養をつけて寒い冬を乗り切る

為の知恵でもあります。

そして「柚子湯」

冬至に柚子湯に入るのは、柚子の強い香りで邪気を祓い「一陽来復」の日に体を清める

「みそぎ」という意味があります。

また、「冬至=湯治」「柚子=融通」をかけた語呂合わせで「融通が効くように」という

縁担ぎの意味もあるようです。

今日の夜は、かぼちゃの煮物と柚子湯で体の中も外も温まりましょう。


preload preload preload
| ホーム | 魚沼の里とは | 四季の写真 | 施設のご案内 | 最新情報 | 交通のご案内 | 採用情報 |
Copyright 2013 Uonumanosato All rights reserved.