魚沼の里とは四季の写真施設のご案内最新情報交通のご案内

 

そば屋 長森

 

味へのこだわり

そば屋長森の親方・宮内浩は、元は日本料理の板前。地元のそば打ち名人直伝のそばはもちろんのこと、一品料理、郷土料理、すべての味に料理人の技とこだわりが息づいています。
 

 

手間をかけて育てた極上のそば粉

普段お出ししているのは、北海道産の風味豊かな「牡丹そば」と「キタワセ」ですが、新そばの時期だけは、魚沼の奥地、福島県境付近の「鷹巣そば」を提供。手間をかけて育てたそばの香りと味わいは絶品です。新そばの季節に、ぜひお越しください。

 

素材が際立つシンプルな江戸前つゆ

上質なかつお節と昆布だけを使った、江戸前そばに合うシンプルな濃いめのつゆです。素材の持ち味を引き出した天然だしの旨みは、そばの味わいをさらに深めてくれるはずです。

 

深い旨みを秘めた魚沼風・田舎つゆ

かつお節と昆布に加え、サバ、うるめ、煮干し、椎茸など幾種類もの素材からだしをとった、味わい深い魚沼風つゆです。薄味ですから、そばをたっぷり浸してお召し上がりください。

こだわりの素材


 

布海苔(ふのり)布海苔(ふのり)

布 海苔とは海藻の一種です。魚沼地方では古くから織物に使われる糸の糊付として使われていました。十日町をはじめとする魚沼地方では布海苔をそばのつなぎに 使い、へぎと呼ばれる器に盛った「へぎそば」が多く食されています。当店は「へぎそば」ではなく江戸前そばを提供しておりますが、この布海苔をつなぎとし て使用した「田舎そば」もございます。

 

八海山の恵み「雷電様の清水」

当店では、新潟県の名水として知られる霊峰・八海山の麓に湧き出る「雷電様の清水」を使っています。豊富な雪の恵みとも言える超軟水が、長森の味を支えています。

 

 


preload preload preload
| ホーム | 魚沼の里とは | 四季の写真 | 施設のご案内 | 最新情報 | 交通のご案内 | 採用情報 |
Copyright 2013 Uonumanosato All rights reserved.