魚沼の里とは四季の写真施設のご案内最新情報交通のご案内

 

菓子処 さとや

 

味へのこだわり
 

さとやのお菓子

さとやのお菓子は、地元の人気洋菓子店「パティスリーシュクレ」を営むパティシエ・佐藤さんがプロデュース。
テーマは、魚沼の味である日本酒のさまざまな素材を、お菓子にどう生かすかということでした。

 

 

父の思いを伝える和菓子

和菓子屋に生まれた佐藤さん。洋菓子の道に進んでしまいましたが、亡き父の思いを伝えていこうと和菓子作りを決意。残されたレシピを参考に初の和菓子作りに挑みました。

苦労したのは「酒まんじゅう」。 レシピ通りでは甘みが強すぎたため、新たに自分の味を模索することに。 1年余りの試行錯誤の末、原酒の量を半分にして酒粕を増やし、隠し味に蜂蜜を使った、甘さ控えめのまろやかな2代目酒まんじゅうを完成させました。

大福や串団子は、基本に徹して美味しさを追求。良質な黄金もち粉、国内最高品質の上新粉、十勝産小豆を使った洗練された甘さのあん、特製黒ごまペーストなど、素材と味にはとことんこだわり、一つひとつ丹念に作り上げました。

 

 

職人技が光る夢のバウムクーヘン

佐藤さんには、かつてその美味しさに衝撃を受けたというバウムクーヘンとの出会いがあり、いつか自分でも作りたいと熱い思いを抱いていました。さとやの誕生を機に、その夢のバウムクーヘンをメインスイーツとすることに。

プリプリとした鮮やかなオレンジ色の卵黄が特徴の濃厚な那須御用卵、世界最高級のスペイン産アーモンドペースト、フレッシュなバターなど、こだわりの素材をたっぷり使用し、一層一層手間をかけ、丁寧に焼き上げました。

何度も試作を繰り返した酒粕ペーストを練り込んだ、やさしい風味の「さとやバウム」。 しっかり焼いているのに、香ばしくしっとり感のある「八海棒夢」。 魚沼の木々の年輪を思わせる、パティシエ佐藤さん渾身のバウムクーヘンです。

 

 

 

 

 

 


preload preload preload
| ホーム | 魚沼の里とは | 四季の写真 | 施設のご案内 | 最新情報 | 交通のご案内 | 採用情報 |
Copyright 2013 Uonumanosato All rights reserved.